読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

get ready -MINIMAL,ART,RUN-

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

見田宗介『宮沢賢治ー存在の祭りの中へー』

NHK「心の時代」にて吉増剛造が宮沢賢治の恋人の痕跡を辿る様子を見ていた。吉増氏の、ゆっくり賢治の言葉を音読し、味わい、辿り、インクの文字の奥底から賢治の感情の機微をなぞるようにあぶり出していく手腕に、真の詩人を見た。 宮沢賢治ほど老若男女を…

カラマーゾフの兄弟と併走

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』を読了しました。2週間半ほど掛かってしまいました。金原ひとみは中下巻を3日で読み通したらしいけれど、よほど暇がなければ3日で中下巻の読了は難しいでしょう。あえてここで人類史上最高峰に君臨すると言われて久し…

村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』について私の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫) | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon タイトルのくどさが随一ですね。最近また走り込みをしていたので読み返したくなったのですが手元になかったので買い直しました。3年前くらいからランニングを始めて(ダ…

回帰する一人称 ー村上春樹『騎士団長殺し』の感想(ネタバレ含む)ー

『騎士団長殺し』は最近の村上作品の中に無かった一人称の「私」が登場して、とてもなじみやすい作品でした。そして過去の作品のイメージの断片が多く散りばめられているような感覚を覚えました。 読み終えて少なくとも言える事は、私の中では『ねじまき鳥ク…

村上春樹の読み方ー『騎士団長殺し』の前に

村上春樹の新刊『騎士団長殺し』が発売されました。実は昨日の発売日に購入し、仕事が終わり次第家にこもって1部は読了しました。しかし今回はあらすじや感想は次回に譲ります。最近の長編では『色彩を持たない多崎つくる』、2冊というボリュームでは『1Q8…

「君の名は。」と「シンゴジラ」の通奏低音

<標記2作品の内容が本ブログには含まれます> もはや批評的な言説はこの2作に厚く硬い外殻を作ってしまっており、書くべきこともない、ないしは書いたとしても凡庸になってしまうのだが、それでもなお書いてみたい。少なくともいえることは2作品とも紛れ…

対称性の幻惑

シンメトリーに惹かれる。 均整のとれたスタイル。 無駄のないデザイン。 たとえばキューブリックの作品群。執拗に対称性へ拘泥している。 そのようすがこちら。 www.youtube.com 敬愛するthe XXのPVも、時計じかけのオレンジの冒頭みたいな ミニマルルー…

村上春樹のノーベル賞を阻もうとするオジサンの愚鈍さは異常

川端は日本の精神を繊細に綴って近代文学の到達点に至らしめたとか大江は戦後民主主義を代表する作家だとか、そういう政治性や思想性が皆無だから村上春樹はダメとか必死になって拒絶しようとするひと 実際村上春樹はそんな政治性とか時代の代表になろうとは…

宇多田ヒカルの喪失と再生

離別や死別の経験は愛すべき対象の喪失と言い換えができる。 フロイトがかつて人間の行為を欲動ーリビドーを準拠として思考した際に、リビドーを備給することが困難になった者は喪に服する作業が必要だと言っていた。 うろ覚えだが喪に服するとは一定の期間…

フィービーファイロ

クロエとセリーヌを一躍モードの最先端に押し上げたフィービーファイロ(フィービーフィロとも言う?)。 私が感じるにここ数年のミニマリズム・ノームコアのトレンドはほぼフィービーが作ったといっても過言ではないのでしょうか。 チェスターコートもここ…

大江健三郎と村上春樹を食べ物に例えると

芋粥とスパゲティ

30秒でわかる大江健三郎中期『個人的な体験』

アフリカ旅行を夢見るアラサー男に頭部が異常な子が生まれ逡巡し妻ではない女へと逃避する中で子どもの死を願うが、結局我に返って子を引き取る決意をした話。

『ソラニン』と「大人」になること

我々は髪を切り、毎朝髭を剃った。我々はもう詩人でも革命家でもロックンローラーでもないのだ。村上春樹『ニューヨーク炭鉱の悲劇』ー …久しぶりにソラニンのことを思い出したので覚書。 まだソラニンを見ていない方にはネタバレになります。しかもうろ覚え…

30秒でわかる大江健三郎初期代表作

『死者の奢り』… 検死体運び大学生バイトが苦労して死体運んだのに実は運ぶ必要なかった話 『飼育』… 墜落した飛行機から出てきた黒人兵を家に捕獲して仲良くなったガキが人質にされ、キレた親父がガキの手もろとも黒人を粉砕した話

オッサン世代の若者への欲望の投射について

Ceroとシールズは似ている。 オッサン世代の欲望の投射という点において。 東浩紀がいみじくも指摘したように、シールズは実質的に旧来的な左翼おじさんの欲望を叶えてくれる若者の鏡として要請された。旧左翼や全共闘で盛り上がった団塊おじさんたちは「今…

ファッションは終わりなき旅 ーメンズファッション誌に思うことー

一生着る! 一生モノのアイテムなんかない。どうせ飽きる。 もうこれで何も要らない! またすぐ何か欲しくなる。 これ1着あれば十分! 俺に限っては、これだけは言える。 5万パーセントそんなことない。 絶対もう1着欲しくなる。 そんなこんなでスタンダー…

サカナクションの発明

注:ここで書かれているサカナクションは個人的なイメージであり、インタビューや二次資料的な参考文献から引用された実証的なものではありません。 エンターテイメントとしてレディオヘッドは優れているか。サマーソニックでレディオヘッドが前座として指名…

ミニマリストは拒食症的態度か?

去年から今年にかけて大流行したミニマリスト/ミニマリズム 私も少し気にはなって傾倒していた時期もあったけど、自分に合わず「ソフトミニマル」くらいに捉えて直す結果に。ブログや書籍を拝見すると、少ないことを楽しむという「より少ないことの方が良い…

社会的なもの・パリピ経済・DOTAMA

三題噺に全くならない3つのお話です。 ①社会的なもの 大学院を経て留学してそれなりに社会に出て数年経つ。大学院のひと、留学したひと、留学してないひと、社会人のひと。それぞれの道に一定の時間ウロウロしていただけに、ボンヤリ違いがわかる。大学院や…

「昔は良かった」「今の若者は」発言

最近、年下のアーティストが優れた音楽を作っている事実を純粋に享受できて、その音楽を楽しめてる気がする。たとえばceroやD.A.N、水曜日のカンパネラやきのこ帝国などカッコいい。 www.youtube.com 本当に偏見で申し訳ないのだけど、アジカンを源泉とした…

裏原系とは何だったのか

ベーシックやシンプルやスタンダードって喧伝しまくるファッション雑誌の風潮もここ2年以上続いてる気が。そろそろモードやデザインからキックバックが来て良い頃だと思い半年。でもスエットパンツが細身になったりまだまだポパイ的なものの影響は続いてる。…

ヴェトモンとラフシモンズの交わるところーポストパンクとバウハウスのミニマリズムー

(Vetements 2016-17AW) ⑴ヴェトモン/「ロシア的なもの」の服装化 〈マルジェラの再来〉とも言われ、現在のモードで最も力強いクリエイションを放つブランドのひとつ、デムナ・ヴァサリアの<ヴェトモン>。マルジェラやルイヴィトンでデザインの経験を積み…

ロラン・バルトのほうへ

石川美子著『ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家』(中公新書,2015)を読んだ。バルトはモード論、写真論などを読んだり大学院の仏文ゼミ(社会学なのにモグリで参加)でちょっと読んだくらいで、体系的に知る機会がなかったので、手に取ってみた。 結…