get ready -MINIMAL,ART,RUN-

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

俺の登山道具⑦ノースフェイスQDオックスフォードシャツ

年始に全然サボっていたブログなのにアクセス数が多いようで、どうやらウルトラライト登山やパタゴニアR2ジャケットの記事が読まれているようです。久々に登山道具シリーズです。 詳細 ベーシックなオックスフォード生地のボタンダウンシャツに、機能性を持…

2016よく聞いた音楽

あけましておめでとうございます。このブログは2016年4月に開設しました。アクセス解析でみると、音楽、ファッション、登山など多方面の分野から検索していただき、見て頂いているようで嬉しいです。ありがとうございます。特に登山、ウルトラライト系の記事…

アウトドアの日常化-日常のアウトドア化

雑誌「GO OUT」的な都市的アウトドアの提案。ノースフェイス的な洗練されたアウトドア。それもカッコいい。が、前から書いているようにこのブログでは最高地点にスーツでアウトドアという矛盾した二項の解消と止揚に照準を合わせている。かなりざっくり言う…

「君の名は。」と「シンゴジラ」の通奏低音

<標記2作品の内容が本ブログには含まれます> もはや批評的な言説はこの2作に厚く硬い外殻を作ってしまっており、書くべきこともない、ないしは書いたとしても凡庸になってしまうのだが、それでもなお書いてみたい。少なくともいえることは2作品とも紛れ…

シュプリームのボックスロゴについて思うこと

毎年恒例のシュプリームのボックスロゴパーカーが発売され、徹夜組が何百人も並んだらしい。シュプリームの発明は、とりもなおさず赤と白の通称「ボックスロゴ」の発明においてほかない。 あのエバーグリーンなボックスロゴがあるからこそシュプリームは裏原…

The xx的な生活を志向することについて

The xxの来日から数日が経って蛻の殻状態だったけど、相変わらずxxを聞きながら生活しています。今回書きたいのは、彼らへの影響の受けっぷりと、どのようにして彼らのマインドを生活に落とし込むのかについて。という変わったものです。 <洋服> 表面から…

The xx 来日ライブ@豊洲pit 2016/12/6 レポート(感想 )

ついに時が満ちた。このブログでも何度も言及してきたThe xxが日本にやってきた。どのくらいアルバムを待っていたのだろうか…機が熟すまで3年…待てど暮らせどのライフスタイルであった… 彼らの音楽を聴いて、その音楽観が自分のライフスタイルの大きな核とな…

なぜ山ガールの服装は派手なのか?

近年増え始めたと言われる「山ガール」。おそらく山ガールは『ランドネ』『クーネル』あたりを読み、憧れはKIKIの登山=旅スタイルで、北アルプスの縦走を夢見ている。私の勝手な想像である。しかし、女子の登山の服装が派手すぎる傾向にありはしないか。女…

服の整理と数値・可視化

服の数値化 数年前から自分の服をすべて洗い出して、エクセルに打ち込んでいます。 アウター、ジャケット、ニット、シャツ、Tシャツ、トップス、パンツ、靴に分けてセルも色を変えてます。まずここで ①何着服を持っているか ②どのタイプの服が多い/少ないか …

私のカバンの中身

お題「私のカバンの中身」 はてなブログのお題を初めて書いてみます。果たして誰が興味持つのかわかりませんが… 私の仕事のカバンは手持ちの小ぶりの黒革のビジネスバッグです。普段ように使えるようなミニマルなデザインの日本製のものを見つけて買いました…

パリジェンヌはどこにいるのか?

けっこう前に流行っていたこの本に乗じてパリの生活やパリジェンヌのライフスタイルを称揚する本が雨後の筍の如く跋扈していますが結局この本は一度読んで母親にあげたら母も誰かにあげたらしくあまり参考にならなかったらしい。 目次は以下の通り ◎目次 Int…

俺の登山道具⑥ モンベル インナーダウンベスト

またまたモンベル。確か3、4年前にエンジニアドガーメンツの鈴木氏がこのカーディガンver.を紹介してから、ファッションピープルに膾炙し始めたもののベストver. とにかく軽くて、手のひらに置いても軽さにビックリする。100g程度のウルトラライト志向。イン…

the xxの新譜発表と新曲発表に寄せて

良い作品とは、「これは自分のことを歌っている(語っている)」と思えるものだ、 というテーゼがある。 期待してゆっくりと待つということをする行為の大切さ。テレビドラマ、漫画、洋服、そして音楽。 the xxというバンドは、以前も書いているように私にとっ…

俺の登山道具⑤ mont-bell スーパーメリノウール・ミッドウェイトクルー

実質寒い。寒暖差異常。 もうこのブログでも再三言っているが、登山と日常を越境した服装を心掛けたい。ibexのメリノウールの薄手インナーを一昨年から導入しているが、メリノウールという天然繊維は圧倒的にヒートテックに代表される化学繊維よりも優れてい…

対称性の幻惑

シンメトリーに惹かれる。 均整のとれたスタイル。 無駄のないデザイン。 たとえばキューブリックの作品群。執拗に対称性へ拘泥している。 そのようすがこちら。 www.youtube.com 敬愛するthe XXのPVも、時計じかけのオレンジの冒頭みたいな ミニマルルー…

hyke×adidas 2016AW/SUPERSTAR

最近スタンスミス街中で見かけまくる。冗談抜きに1日10人は見る。マイナーなバンドがメジャーになっていく古参のファンの心情である… 閑話休題。たまたま祝日出勤の代休でお休みだったので伊勢丹で買いました。整理券もらって時間順に並び、一組ずつ店員さん…

深津絵里の岸辺の旅

<若干のネタバレを含みます> いま私が獲得している生活をすべてなげうって、どこか遠くへ行きたいという逃避行。モンパルナスのロトンドでゆっくりクロワッサンとスクランブルエッグとオレンジジュースを飲みながらLe mondeを読みたい。というささやかな夢…

持続可能性に関するノートあるいは杉本博司『ロスト・ヒューマン』

持続可能性。通称サスティナビリティ。 コーポレートガバナンスやらコンプライアンスやらビジネス的横文字で並列的に語られることが多い。あるいは持続可能な社会。リサイクル、再生可能エネルギー。 なるほど哲学や神学などの形而上学的な学問では計り知れ…

一度で良いから見てみたい

一度で良いから見てみたい トムとベックが歌うとこ ちなみにボウイとトレントレズナー ビリーコーガンとボウイ ボウイと坂本龍一 ハイドとヨシキも共演したみたいですね

村上春樹のノーベル賞を阻もうとするオジサンの愚鈍さは異常

川端は日本の精神を繊細に綴って近代文学の到達点に至らしめたとか大江は戦後民主主義を代表する作家だとか、そういう政治性や思想性が皆無だから村上春樹はダメとか必死になって拒絶しようとするひと 実際村上春樹はそんな政治性とか時代の代表になろうとは…

宇多田ヒカルの喪失と再生

離別や死別の経験は愛すべき対象の喪失と言い換えができる。 フロイトがかつて人間の行為を欲動ーリビドーを準拠として思考した際に、リビドーを備給することが困難になった者は喪に服する作業が必要だと言っていた。 うろ覚えだが喪に服するとは一定の期間…

フィービーファイロ

クロエとセリーヌを一躍モードの最先端に押し上げたフィービーファイロ(フィービーフィロとも言う?)。 私が感じるにここ数年のミニマリズム・ノームコアのトレンドはほぼフィービーが作ったといっても過言ではないのでしょうか。 チェスターコートもここ…

大江健三郎と村上春樹を食べ物に例えると

芋粥とスパゲティ

30秒でわかる大江健三郎中期『個人的な体験』

アフリカ旅行を夢見るアラサー男に頭部が異常な子が生まれ逡巡し妻ではない女へと逃避する中で子どもの死を願うが、結局我に返って子を引き取る決意をした話。

クリスチャン・ボルタンスキー@東京都庭園美術館

ボルタンスキーをみました。パリのポンピドゥーセンターや豊島で見た以来。私の大学院の研究対象であったショアー=ホロコーストを起点に、失われた他者の記憶や面影の表象(不)可能性を問い続ける作家です。この手のアートや思想からは遠く離れていたので…

五竜岳登山160917-18

土日でマイメンO氏と五竜岳へ。 雨が降る前提だったが、結果的に山頂まで登頂することが出来た。 唐松岳、鹿島槍ヶ岳、白馬岳と登頂してきたが、五竜岳のみが残ってしまっていた。これで星座のように連綿と続く北アルプスの縦ライン東側が満遍なく布置された…

キングオブポップとポストパンクの交差

マイケルジャクソンが、ジョイディビジョンを着ていた事実を知った。 渋谷のvaporizeという、元スマパンのジェームズイハが手掛けている店にアンノウンプレジャーズの波形がマイケルジャクソンになっているTシャツが置いてあって、店員さんに聴いてみたら教…

スーツが着たい

秋の気配を感じる今日この頃。ようやくジャケットやライダースやコートが着れる...早く着たくてウズウズしている方も多いのではないでしょうか。今日はスーツについて思うことを少しだけ。 男の服装を語る上でスーツだけは譲れない。男のファッションという…

『ソラニン』と「大人」になること

我々は髪を切り、毎朝髭を剃った。我々はもう詩人でも革命家でもロックンローラーでもないのだ。村上春樹『ニューヨーク炭鉱の悲劇』ー …久しぶりにソラニンのことを思い出したので覚書。 まだソラニンを見ていない方にはネタバレになります。しかもうろ覚え…

30秒でわかる大江健三郎初期代表作

『死者の奢り』… 検死体運び大学生バイトが苦労して死体運んだのに実は運ぶ必要なかった話 『飼育』… 墜落した飛行機から出てきた黒人兵を家に捕獲して仲良くなったガキが人質にされ、キレた親父がガキの手もろとも黒人を粉砕した話

オッサン世代の若者への欲望の投射について

Ceroとシールズは似ている。 オッサン世代の欲望の投射という点において。 東浩紀がいみじくも指摘したように、シールズは実質的に旧来的な左翼おじさんの欲望を叶えてくれる若者の鏡として要請された。旧左翼や全共闘で盛り上がった団塊おじさんたちは「今…

ファッションは終わりなき旅 ーメンズファッション誌に思うことー

一生着る! 一生モノのアイテムなんかない。どうせ飽きる。 もうこれで何も要らない! またすぐ何か欲しくなる。 これ1着あれば十分! 俺に限っては、これだけは言える。 5万パーセントそんなことない。 絶対もう1着欲しくなる。 そんなこんなでスタンダー…

サカナクションの発明

注:ここで書かれているサカナクションは個人的なイメージであり、インタビューや二次資料的な参考文献から引用された実証的なものではありません。 エンターテイメントとしてレディオヘッドは優れているか。サマーソニックでレディオヘッドが前座として指名…

The XXという発明

レディオヘッドの記事がバズってしまい、こんな誰も見にこないブログが公になってしまい厚顔無恥の醜態が晒されることになってしまい忍びないですが…今回も音楽ネタです。 www.youtube.com おそらく二十代で出会った音楽の中で一番好きになったバンド。 疲れ…

レディオヘッドの感想@サマソニ東京2016

無論、知らない曲があることは許されない…好きなことを適当に書くこのブログで未だにレディオヘッドが出てこなかったのは好きすぎるからかもしれない。もうレディオヘッドを書くこと自体に今更感があるからか。手垢にまみれているからか。レディオヘッドはお…

Savages@ホステスクラブオールナイター/サマソニ2016年8月20日

サベージズ? サヴェージズ? どちらでもいい。2016年8月のサヴェージズは進化/深化していた。初めて公演を見たのは恵比寿リキッドルームでのライブ。2013年の秋冬頃だったと思う。一曲目のShut upのベースラインがのっけから男前すぎて、すっかり虜になって…

盛岡旅行②~白Tと麦わら帽子と私~

旅は己との戦いだ。重荷になる装備品は少ないほうが良い。軽装で行くんだ。理想はスナフキンだ。Less but Betterのディーターラムズ的精神だ。用意するのを忘れたら現地で買えばいい。国内旅行ならなおさらだ。あえて旅行だからといって大仰な格好をしなくて…

盛岡旅行その1 ー持ってきて良かった編ー

↑Aesopのポストシェーブローション ↑AesopのB&Tバランシングトナー 旅先でも使えばすぐさま日常を取り戻してリラックスでき、とても心地よく気持ちを安らげてくれる。マジで有能。ポストシェーブローションは保湿クリーム的な感じで使えるのも◎

渓流デイキャンプー実践編その1ー

前回、都会と登山の中間地帯としてのキャンプという位置づけについて書いた。先週末、早速都会の喧騒から離れ、東京都のはずれ、檜原という場所まで高速で90分ほどで駆け付けた。渓流なのでテントが張れるような場所ではないが、渓流の流れも緩やかで、親…

「都会」と「キャンプ」と「登山」を貫くファッションはいかにして可能か?

Anatomica 2015aw 登山と都会を繋ぐもの、それがキャンプだ。逆に言えばキャンプ慣れしているひとは、登山にいっても自然に溶け込むことができると思う。要は経験値なのだ。キャンプにどれくらい行ったか。ウキウキして買い物でゲットし、ワクワクして持って…

ポケモン四天王カリンの名言からのファッション考察

つよい ポケモン よわい ポケモン そんなの ひとの かって ほんとうに つよい トレーナーなら すきな ポケモンで かてるように がんばるべき ポケモン金銀をやったことある人なら誰でも知ってるこの名言。そのころの僕らと言ったらいつもこんな感じだった。…

キーケース・キーホルダー問題

皆さんは何に鍵をつけているだろうか。私のキーホルダーの変遷を辿ってみたい。決して不変的なものではなく、キーホルダーなんていうのは気分によっていつも変わっていく。服や靴と一緒だ。基本的に一生モノなどという虚言は少なくとも私には通用しない。そ…

山も海も都会も全て等価なものとして渡り歩きたい

四年前にクラシックな服装に目覚め、いわゆるスーツスタイルを好み始めたと同時に登山も本格的に始めた。理想は公私の服装を相対化することにある。するとスーツで登山するのが究極的理想となる。が、それでは効率が悪い。 幸い今はテアトラやノースフェイス…

雨のザイテングラート②行程編 2016年7月16-18日

登山計画書に基づいて今回は行程を振り返りたい。 ●日時:2016年7月16,17,18日 2泊3日 テント泊 ●対象:奥穂高岳山頂 ●趣旨:日本屈指の名峰であり、槍ヶ岳と並び北アルプス最高峰に位置する穂高連峰に胸を借り、自然の雄大さ過酷さ、そこでしか感じることので…

俺の登山道具④ ノースフェイス・UVポケットT

詳細 高い吸水・速乾性を備えたニット素材を使用したTシャツ。ポリエステル100%ながら、コットンのような自然の風合いで、肌触りもなめらかです。左胸にポケット付き。UVカット率85%以上で、静電気の発生を抑える静電ケア設計対応。生地に付着したバクテリア…

雨のザイテングラート① 2016年7月16-18日

奥穂高岳を初めてみたのは小学一年生の時に家族で上高地へ行ったときだったろうか。あるいは中学一年生の旅行のときだったか。いずれにせよ上高地の河童橋から見えるあまりにも有名で美麗な山容とは裏腹に、遭難や滑落による死者を毎年生み出し続ける難攻不…

ミニマリストは拒食症的態度か?

去年から今年にかけて大流行したミニマリスト/ミニマリズム 私も少し気にはなって傾倒していた時期もあったけど、自分に合わず「ソフトミニマル」くらいに捉えて直す結果に。ブログや書籍を拝見すると、少ないことを楽しむという「より少ないことの方が良い…

俺の登山道具③ ノースフェイスのスタッフバック

理由は軽いのと色が違うのと統一感があるから。スタッフバックは数グラムの世界だけどノースフェイスが一番軽かった記憶がある。しかし防水ではないので、白馬岳の豪雨でやられてしまった苦い思い出もある。が、愛用中。左はパタゴニアR2、真ん中はレイン…

ミニマルメロウの黄昏―OGRE YOU ASSHOLE―

元ナンバーガールの田渕ひさ子氏が組んでいたtoddleというバンドを高校生の時に観に行った。地元の松本だ。その時に前座だったのがオウガユーアスホールだった。ダークなオルタナ感が凄くて、しどろもどろながら地を這うような印象を持った。どことなくレデ…

俺の登山道具② ベースレイヤー編 ibexメリノウール

ベースレイヤー、またまたカッコつけた名前だが要するに下着だ。メリノウールはここ数年一番脚光を浴びてるベースレイヤー。何度も言うけど化繊は好みではない。自然の天然繊維がやはり好きだ。私の場合それが「ちゃんとしたものを着てる」という精神面にも…