読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

get ready

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

シュプリームのボックスロゴについて思うこと

f:id:remontea0710:20161213123140j:plain

毎年恒例のシュプリームのボックスロゴパーカーが発売され、徹夜組が何百人も並んだらしい。シュプリームの発明は、とりもなおさず赤と白の通称「ボックスロゴ」の発明においてほかない。

f:id:remontea0710:20161214011841j:image

 

あのエバーグリーンなボックスロゴがあるからこそシュプリームは裏原ブームで終わることなく未だに最先端のストリートブランドであり続けている。そして大量生産しないことによる絶妙な需要と供給のバランス…息が長い。長すぎる。

その結果パーカーにボックスロゴがついているものが定価28000円するにもかかわらず即完売になり、更に転売され10万円にて落札されるのだ。原価は幾らかわからないが、ただのパーカーにロゴが付いただけで10万。サンローランのシルクのシャツが買えてしまう。

f:id:remontea0710:20161213123300j:plain

 

そして何が異常かといえば、そのパーカーをカッコよく着こなすのは難しいのだ。どうみても「かっこよく」はなさそうに見えるのだ。シルエットもオーバーサイズで、見方によってはガキっぽく見えざるをえない。オシャレなアイテムかどうかも疑わしい。裏原ブームの時は偽物もはびこり、服にあまり関心がない輩も着ていたので差別化がそもそもなされない。しかし、それでもボックスロゴという威光によってこのパーカーの価値は10万円になるのである。驚くべき、ボックスロゴマジック。水戸黄門の印籠みたいなものだ。

かつてマルジェラの上級者は「背中の4本刺繍を取り外す」と聞いたことがある。シュプリーム上級者はボックスロゴパーカーのワッペンを外すことができるだろうか?おそらく出来ないだろう。もはやユニクロのパーカーと何も変わらない。もしボックスロゴパーカーの男と喧嘩になったらワッペンを引き千切ればいい。エイプの猿はダサいという烙印を押され原宿を歩き回る中国人しか着ている人を見ない。しかしシュプリームのボックスロゴはなぜここまで熱狂的な祝祭感が持続しているのか?

実際シュプリームの魔力は異常だし、モデルが着ているルックブックは文句なしにカッコいい。商品自体はクレイジーなものが多く、今時しまむらやAEONも作らないような攻めすぎてもはやダサいのかカッコいいのかわからない謎の商品で溢れかえっている。テッカテカの黄色のボックスロゴキャップ、80年代感満載のロゴパーカー、ダボダボシルエットのシャツ。。果たして、なぜにシュプリームはここまで売れるのか。エルメスもサンローランも起こりえない深夜組の長蛇の列…この現象はいつまで続くのだろうか…それにしてもシュプリームのクールさとは何なんだろうか。また書いてみたい。

 

※追記 以下の記事を追加しました。

 

makkikka.hatenablog.com

 

makkikka.hatenablog.com