get ready

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

AURALEE WASHED FINX TWILL BIG SHIRTS

f:id:remontea0710:20190709000536j:image

 

AURALEEの定番フィンクスコットンビッグシャツのブラウンを買いました。矢継ぎ早のシャツ購入月間。1年に1回シャツにハマる時期があって、それがいま。

LEのシャツからシャツ欲がでたのと、AURALEEで試着してからそのシルエットと色味が忘れられず、堪えきれず後悔する前に買っときました。7月は攻めてます。

以下、説明。

ーーーーー

定番オーバーサイズのレギュラーカラーシャツ。極上のコットンを用いた打ち込みの良い生地は、ヌメのある光沢としっとりと心地よい肌触り。ゆったりと脱力した印象でお召しいただけますが、決してだらしなくなることがないのは細かな縫製仕様や確かな生地だからこそ。淡くくすんだトーンのカフェオレカラーが美しく、春らしくも落ち着いた印象のカラーリングです。夏場はショーツスタイルで軽くて羽織るのも良く、年間ご愛用頂ける万能シャツです。

ーーーーー

このシャツ、写真だと濃いブラウンに見えますが

f:id:remontea0710:20190709001213j:image

外に出て着ると薄まってほどよくブラウンが薄まり、ピンクブラウンみたいな雑味な色味になります。

f:id:remontea0710:20190709000854j:image

 

【生地とシルエット】

ビッグシルエットなので羽織った感じでもいいし、もちろんボタンを留めて着ても間違いありません。サイズ3を買いましたが、コモリシャツのサイズ1よりゆとりがあって、艶感があります。個人的にはコモリシャツを白、サックス、ピンクストライプと所持していますが、このAURALEE定番のフィンクスコットンも素晴らしく肌馴染みが良いです。良いシャツは羽織った瞬間にわかると思います。

 

【長袖シャツのメリット】

この手のビッグシルエットシャツはカーディガン感覚で着れるので夏にも重宝します。

実際東京は室外にいる時間より室内にいる時間の方が往々にして長かったりします。そんな時にこういうシャツは便利ではないでしょうか。

加えて、細かな点ですがこのシャツは裾のボタンが1つしかありません。

f:id:remontea0710:20190709001911j:image

この袖の上側に本来付いているボタンをガントレットボタンというらしいです。私は普段シャツを捲ることが多いのですが、そのガントレットボタンがないおかげで非常に袖まくりがしやすいです。これは思わぬ加算ポイントでした。結構袖まくりして着ると温度調整もできると思います。

 

と、こんなところです。カラー的に春夏モノですが秋冬でも余裕で着れるので、これからお世話になります。

さて、秋冬も始まり、予約してるものが多いのでオンシーズンで買うものよりももうすでに秋冬も決定し、終わってる感もありますが…笑

楽しみです。

 

今年買ったもの

2019年1月…パラブーツ(黒)

2月…コモリバルカラーコート(グレージュ )

3月…グラフペーパーTシャツ(白)

4月…グラフペーパー薄手スウェット(黒)、ムジラボポロシャツ(紺)、パンツ(グレー)

5月…ヘインズビーフィーロング(グレー)

6月…スタンスミス(白)、グラフペーパーカーディガン(黒)

7月…LE白シャツ、オーラリーシャツ(ブラウン)