get ready(服と山道具)

都内/三十代男性/既婚/会社員/メンズファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

MINIMALISM

Amazonで買える最強の白Tシャツ3選

メンズファッションにおいてまず第一に必要なアイテムを挙げるとすると、白Tシャツです。何はともあれ、メンズファッションにおいて白Tシャツは年代問わず必要不可欠なクラシックアイテムです。それゆえ、さまざまなブログやYouTubeで語り尽くされており、私…

34歳男性のモーニングルーティン

「モーニングルーティン」なんて言葉が定着して数年経ちますが、遡れば哲学者のカントがその祖先にあたる気がします。カントは朝7時になったら決まって散歩してして、近所の人も彼を見ると時間が分かったそう。 潮文庫 カント先生の散歩 作者:池内紀 発売日:…

お金とモノの基本的な考察

あまりにも重いものって出来れば持ち歩きたくないですよね。 私が重いモノを持ちたく無い理由として、ウルトラライト登山という、「登山における装備の軽量化」に傾倒したことも手伝っています。 ところでお金の消費とは、お金とモノの交換であり、モノの移…

ROLEX OYSTER PERPETUAL 34mm BLACK

ロレックスのオイスターパーペチュアル34mm(Ref. 114200)のブラックを昨年末に購入しました。約半年使ってみてのレビューです。 なぜ私はロレックスのオイスターパーペチュアルを選んだか? まず、5年ほど前にカルティエのタンクを買ったのが本格的な時計…

Stan smith recon 2019

スニーカーはここ5年ほどスタンスミスを愛用している。正確に言うと、HYKEとアディダスがコラボしたhailletというスタンスミスの前身モデルを愛用している。あまりにもそのシルエットや質感が好きすぎて、二足買いしてしまったのだが、もう手に入らないとい…

DJ Krush『軌跡』Live@Sound Vision

11年前の2006年9月、ニューヨークに私は居た。NYに住む兄に連れられてDJ Krushを初めて見た。高校の頃からDJ ShadowやMowaxレーベルが好きだった私にとってNYでKrushを聴くという体験はあまりにもドープだった。モンモンと焚かれた煙の中で酩酊状態になった…

ミニマリズム探究② DAN FLAVIN展@Espace Louis Vuitton Tokyo

www.espacelouisvuittontokyo.com ラフシモンズのカルバンクラインでもフューチャーされていたダンフレーヴィン。ミニマルアートの代表格ということで見たわけだが、誤解を恐れず言えば蛍光灯が幾何学的に置いてあるだけ。ミニマルアートはコンセプチュアル…

ミニマリズム探究①:マルセル・ブロイヤーの家具展:東京国立近代美術館

本ブログの背骨ともいえるミニマリズムに親和性の高いバウハウスについて、今後何回かに分けて断片的に延べていきたい。いつしかそれぞれの断片が星座のように象られることを期待しつつ… 第一回目はマルセル・ブロイヤーについて。少し前のことではあるが、…

服装におけるバッグの重要度

バッグひとつで服装の印象てめちゃくちゃ変わる。靴並みにバッグって重要度高くないですかね。仕事もあまり持ち物がない。女性とは違い、化粧品などコスメの類もそこまで持ち歩くほどではなく、ハンカチと携帯と財布だけあればいい。あと欲を言えば文庫本と…