get ready(服と山道具)

都内/三十代男性/既婚/会社員/メンズファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

COMOLI ベタシャンCPOシャツ

f:id:remontea0710:20210425193338j:image

 

COMOLI21ssのベタシャンCPOシャツを購入しました。

定番のベタシャン生地を使用した“CPOシャツ”。デザインのルーツはミリタリーのシャツジャケット。

コットン100%のベタシャン生地は、着て洗っての繰り返しで一層柔らかくなっていくそうです。

リネンのようなドライなタッチで肌離れ良く、夏場に適した素材。両胸に付いた大きなフラップポケットが特徴的なので、ジャケット感覚で羽織としても一役買ってくれそうです。

夏場に黒はやや重いかな、とも思ったのですが、シオタのベイカーやチノに合わせるととても落ち着いて大人っぽい印象になります。

 

夏=Tシャツという固定概念が男性のファッションにはあると思います。あるいはポロシャツ、半袖シャツ。

私はポロシャツと半袖シャツ、特に開襟シャツがかなり似合わず、何回買って売ったことかわかりません。

仕事では夏でも長袖シャツを捲ってきているし、昨年から長袖のシャツを夏場に取り入れてます。

f:id:remontea0710:20210425193744j:image

以前ご紹介したこのコモリシャツもたっぷりゆとりがあり、夏にも余裕で着れると思います。

ベタシャンCPOは、光にかざすと透けるほどに通気性が良いので、白Tシャツや、あるいは盛夏のときは一枚だけでも良いかもしれません。

マニアックなところだとCOMOLIのシャツは襟元も小ぶりだし、第二ボタンの位置が絶妙に配置されていて、第二ボタンを開けると、いやらしくないくらいに首元が空いて、抜け間と少しの色っぽさが出るのでとても気に入っています。

首元が空きすぎてタイトだと、オラオラした人とかレオンとかSafariっぽいちょいワル親父的な雰囲気になってしまうのですが(40-50代のオシャレってなんでタイトなジャケパンばかりなんだろう)、COMOLIはそういう地平から離陸しています。

リラックスして、着ていて苦しくなく、とても気持ちの良い服です。

そしてこのベタシャンは「甘い」です。来た瞬間、柔らかくて包まれている感じがとても甘い。甘く撚った糸ということも起因してると思いますが、着心地が素晴らしい。

今期は秋までヘビーに着ていくことになりそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村