get ready(服と山道具)

都内/三十代男性/既婚/会社員/メンズファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

34歳男性のモーニングルーティン

f:id:remontea0710:20210520013632p:image
「モーニングルーティン」なんて言葉が定着して数年経ちますが、遡れば哲学者のカントがその祖先にあたる気がします。カントは朝7時になったら決まって散歩してして、近所の人も彼を見ると時間が分かったそう。

潮文庫 カント先生の散歩

潮文庫 カント先生の散歩

  • 作者:池内紀
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: 文庫
 

私の場合、とにかく全ての所作を時短したいと思っていますが、、ルーティンはだいたい以下の通りです。

  1. 朝起きて、すぐに起きるのは体がだるいので、1分くらいベッドで身体を慣らします。
  2. その後トイレに行った後洗面台に行きます。朝の時間は洗面台の時間といってもいいでしょう。
  3. 体重計に乗って体重を測ります。増えていたら何が原因だったのか昨日を思い返します。OMRONのBluetoothで体重記録はスマホに自動送信されます。この体重計を買ったことによって体重管理が劇的に変わりました。これは必需品です。また別途記事にしたいです。

     

     

  4. 髭を剃ります。髭剃りはずっと電気シェーバーでラムダッシュです。髭剃り前にはギャツビーのローションを塗って乾燥させてから剃ります。
  5. コンタクトを入れます。ハードコンタクトです。レーシックも考えたのですが視力低下などの事例も周りで聞いたりしてまだ怖くて出来ません。
  6. 顔を洗い、化粧水と乳液をつけます。両者ともにハトムギ美容シリーズを使っています。イソップやキールズなど使用しましたが、高コスパのこれに落ち着きました。これからもずっと使い続けると思います。

     

     

  7. ヘアセットにかかります。髪型はずっと一緒なので、かねてから愛用しているヘアオイルと、最近買ったヘアバームを。仕事用なのでアップバングっぽいのが基本です。
  8. 次に服を着ます。ここで服を選ぶ余裕はないので、3シーズンはスーツ、夏は決めてあるスラックスとシャツを着ます。靴下はコットンかウールの黒かネイビーです。
  9. 服のデザインは無地かストライプなので、ネクタイを決めます。ドットか小紋柄か無地なので、どれを合わせても問題ないようにしています。
  10. 朝ごはんは基本プロテインのみなので、プロテインを作ります。牛乳やアイスコーヒーで割るチョコ味のプロテインです。最近はSAVASからボディビルダーの山本義徳氏プロデュースVALXに変えたのですが、飲みやすくて高コスパです。朝食もミニマルにすることによって「何作ろう」など余計は手間暇が省けます。代わりに休日はゆっくり食べます。

     

     

  11. 冷凍のご飯と冷凍したスープを解凍して弁当を作ります。ただ容器を移すだけで、調理はしません。
  12. 軽く歯磨きをします。

 

以上1〜12をおよそ35分くらいでおこなっています。

こうやって文字化して初めて色々やってるんだなと思いました。髭も脱毛してレーシックもしたらさらに時短になるんだろうけど、そこは予定はありません。

朝食はプロテインのみですが、お昼までお腹が空いて仕方ない、ということはほとんどありません。

弁当も事前に作ったスープをチンしてサーモスのスープジャーに移すだけです。スープ作りが面倒なときは、コンビニでおかずを買うこともあります。

現在はこのルーティンで非常に安定した生活を送っています。悩まないことはいいことです。これからも「ルーティンのメンテナンス」を心掛けていきたいです。

習慣に関して、佐々木典士さんの本が気になります。

 

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 

よろしければ下記クリックいただけると今後の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村