get ready(30代メンズファッションと物欲)

都内/三十代男性/既婚/会社員/メンズファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

COMOLI コットンチノオーバーパンツ購入&レビュー

f:id:remontea0710:20220605114351j:image

6月になって、すぐに買い物をしました。

COMOLIのコットンチノオーバーパンツです。

f:id:remontea0710:20220605114404j:image

チノパンは昔から好きなアイテムでして、幾つも買ってきました。

それこそディッキーズのストレートも履きましたし、近年ではAURALEEのフィンクスコットンチノパンツ、CIOTAのスビンコットンチノパンツを履いてきました。

それぞれの良さがあって好きなのですが、まずはチノパンとはどういった歴史のあるアイテムなのでしょうか。

 

諸説あるそうですが、イギリス陸軍が着用していたパンツからアメリカに渡り、一気に広まったようです。

「チノ」とは「chino」=中国を指し示すようですが、フィリピンに駐在していたアメリカ軍が中国から生地を仕入れていた、など諸説あるようです。

チノパンのあの黄味がかったカーキ色は、当時英軍は白のパンツを履いていたそうですが、汚れが目立つということで土色に染めており、汚れが目立ちにくくするという意味があったようです。

 

というざっくりした歴史的背景のご紹介ですが、チノパンは今やデニムの次くらいに

現代のデイリーライフウエアとして確固たる地位を築いています。

そこでやはり、ありふれているからこそ、自分に合う、自分の趣味嗜好にそぐうチノパンを見つけるのは、ここまでくると至難の業になってきます。

 

上記のAURALEE、CIOTAのチノもそれぞれ透徹した生地、シルエットとなっていますが、今回のCOMOLIはそれに勝るとも劣らない魅力で溢れていましたので、ご紹介します。

 

①デザイン

f:id:remontea0710:20220605114534j:image

いわゆる尾錠(シンチバック)でギュッと締めてウエストを調整するタイプのもので、

COMOLIにはデニムオーバーパンツなどよく見られる意匠です。フロントはベルトループがなく、サスペンダーを吊るすためのボタンがついています。

私はこのタイプのパンツを初めて購入したのですが、ベルトが不要でなのが楽だなと思いました。ただ難点としてはまだこの構造に慣れず、毎回尾錠を調整するのは難しいというか、手間だと感じました。ですので一回適正なウエストに合わせた後に、脱ぎ穿きはフロントのボタンを外して行ったほうがストレスフリーな気がしています。

あまりタックインは頻繁にする方ではないですが、これは尾錠が見えるのが雰囲気があっていい気がします。

 

②生地の質感

f:id:remontea0710:20220605114550j:image

私はディッキーズからAURALEE,CIOTAと履いてきました。コットンもいろんな種類があり、スーピマやフィンクス、スビンなど様々です。CIOTAは「コットンのカシミヤ」とも呼ばれているスビンに執拗にこだわり、チノも光沢のある上品な仕上がりでした。(昔書いた記事はこちら↓)

CIOTA スビンウエポンチノパンツ - get ready(30代男の服と山道具とQOL)

そしてこのCOMOLIのチノも素材はわからないですが、スビンコットンに似た鈍い艶感があります。チノパンって、結構ドライな生地だったり、シワ感が目立ちやすい生地だったりしますよね。でもこのチノはどっちかというと、コットンスラックスにも転用できそうな生地だな、と感じました。今後洗い込んで経年変化を見るのが楽しみです。

 

③チノパンの色の困難

f:id:remontea0710:20220605114614j:image

私がチノパン選びで難しいと思う最大のポイントは(1)色と(2)シルエットです。そのうちの色ですが、「カーキ」と呼ばれるチノの色は、黄色が強いものから茶が強いものまで、本当に微妙な違いなのですが、千差万別です。この色が、COMOLIのものは今まで履いてきたチノの中で一番自分が好きな色だったのでした。

文字で表現しにくいのですが、黄色っぽくなく、濃すぎることもなく、ちょうどいい塩梅なのです。昔からこのブログでも言っているように、COMOLIのアイテムは「ありそうなんだけど、見つからない」っていう点が並外れています。古着屋とか、他のドメスティックブランド、セレクトショップオリジナルにもない。それはCOMOLIのブリーチデニムを履いた時に感じたこととも重なります。

 

④シルエット

f:id:remontea0710:20220605114404j:image

これも相当重要です。チノにスキニーやスリムは個人的にはNGです。やはりUS ARMYのチノやフランス軍のチノのようなシルエットが望ましいでしょう。現にシオタは完全なUSアーミーのレプリカです。

COMOLIはここでも一線を画してきます。言ってしまえばワイドテーパードなのですが、ユニクロとかセレクトショップにありがちな、わざとらしいテーパードではなく、緩い、本当にわからないくらいのテーパードになっています。ベルテッドデニムなどにも言えますが、COMOLIの特徴と言えるでしょう。センタークリースも入っているので、スッキリした印象も与えてくれます。

ゆったりとしたヒップを尾錠でぎゅっと絞って、本当に緩やかなテーパードを描きます。生地感ももっさりした感じではなく、比較的薄めかなと感じました。

 

以上、COMOLIのチノパンの紹介でした。チノは、トップスを黒でも白でもなんでも持ってこれるのが便利ですよね。私はコモリシャツや白T、ウール天竺Tなどに合わせたいと思っています。白Tはやはり勝手に私のシグネチャーと思っている笑、ユナイテッドアスレ。自撮りしてみました。172センチ57キロでサイズ1を着用。

f:id:remontea0710:20220605114634j:image

 

靴はParabootのPACIFICのようなグルカサンダルでもいいし、白のスタンスミスとかスーパースターがこの時期はいいかなと思っています。

あと上下プレーンだと寂しいのでニューバランスを持ってくるのも良いかもしれません。

 

COMOLIの服は2015年から買い始めて、もう7年経ちました。その頃に買ったコートはくたびれて、とても良い味を出してくれています。

このブログもかなり経ちますが、おおよその服紹介はCOMOLIのアイテムが多かったかなと思います。いろんな服が好きで、ナンバーナイン、アンダーカバー、Nハリウッドなど着てきましたが、ここまで7年も同じ服を買い続けているのは、もしかしたらCOMOLIが初めてかもしれません。人間飽きはやってくるので、いつまで続くのかはわかりませんが、良質な服であることは間違いないので、このチノパンもガシガシ着て自分の味を出していければと思います。