get ready

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

登山におけるトップス何を着るか問題

北アルプスの夏。例えば槍ヶ岳へ向かう槍沢コース。下界は茹だる炎天下。

けど上高地に降り立つと、冷んやり涼しい。てかTシャツ一枚だと、やや肌寒い。

一昨年と昨年であればノースのオックスフォードシャツを着る。とぼとぼ明神池まで歩くと、身体があったかくなるので、シャツを脱いでTシャツになる。

ここで、だ。このオックスフォードシャツとTシャツをロンTに置き換えられないか。と思う。

というものの、最近シャツ熱が以前より冷めて、できるだけクルーネックで居たいのだ。ぜてタイトなシャツより少しゆとりのあるシャツを羽織りたい。さらに一枚だけで腕まくりして着れば一石二鳥にならぬものか。ロンTはアウトドアのものはたいていタイトに作られてるので、一枚できるには心許ない。ちょっとオーバー気味で着ることが可能なロンTがあれば、「普段のカッコのままの登山」が可能になる。以前紹介したようなグラフペーパーのロンTとスウェットの中間のようなものがあると良い。

寒くなったり暑くなったりでいちいち着替えるのが面倒なので、基本その一枚で行動する。ロンTなら日焼け対策にもなるだろう。ロンTいいな、と思っていて、いま吟味している。

森林限界を突破して、風が強く吹くようであればハードシェルを着て登攀することになる。体感温度の低下は気温というよりも風に長時間晒されるよってもたらされる。

山小屋に着いたらフリースとダウンを着込む。登山の基本はレイヤードだ。どの入門書にも書いてある。つまりここではロンTーフリースーダウンーハードシェルという四層構造の組み合わせ。だからハードシェルはタイトであってはならない。

そして上述のロンTは吸汗速乾素材を使用したものが望ましいだろう。さらにアウトドア感の弱い日常的に使用可能なものが更に望ましい。

ちょっと待った。ウールのカーディガンをTシャツの上に着るのもいいな…ロンT一枚でまくるか、Tシャツ、カーディガンでカーディガンをまくるか…

夏に向けて例のごとく登山やアウトドアについて考えるのが楽しい時期になってきた。

 

ウルトラライト登山の思想を超えて、自分自身の服における基準である二つの軸

「いつでもどこでもいける服装」

「いつでも寝れる服装」

で登山も街も垣根を超え貫かれた服装を今後も追求していきたい。春から夏に掛けて買うのは、以上のようなものになりそうだ。

2019.1-4月までに買った服

 

物欲(服欲)。ここ6年、いや10年、、物欲と向き合い生活してきた。買っても買っても欲しいものが見つかる。もうおよそベーシックなワードローブは出来上がっているというのに。

6年ほど前はエディのサンローランやアクネにハマり、4年ほど前からコモリにハマり、2年ほど前からオーラリー、グラフペーパーにハマるという変遷。

ランニングを始めて太ももやふくらはぎの筋肉が付き、足の凹凸が如実に出てしまうスキニーは2年ほど前から履かなくなった。

服の趣味というか系統はおおまかには変わらないのだが、細さやゆるさといったシルエットの変化はあった。細身一辺倒だった時期には考えられないほど、今や上も下も肌に直接つかないくらいのシルエットの服を着ている。時代の影響も大きいだろう。特にウオモの影響が色濃い。

しかし闇雲に服を買ってばかりいてはしょうがない。だから服の費用対効果についてや、「そのまま寝れる服」などの購入条件の精査をしているところである。他にもたとえば

http://fukunokoto.hatenablog.com/entry/2018/11/29/222843

服を1ヶ月1回しか買わないというルール。興味深い。私も月にどれだけ服を買っているか記録していければと思う。記録してみよう…

2019年1月…パラブーツ

2月…コモリバルカラーコート、ユニクロuロンT、Tシャツ

3月…グラフペーパーTシャツ

4月…グラフペーパー薄手スウェット

 

おそらく、このくらいだろう。あとは思い出せない。ユニクロuのカットソーは安いから試しに買ったはいいが、生地やクルーネックの太さが気に入らなく、失敗だった(グラフペーパーのTシャツはクルーネック周り、生地とも良い感じです)。安物買いの銭失いである。

 

5月、6月は快適に履けるパンツが欲しい。さらに「寝れる」、「ハイキングやキャンプにも行ける」、「普段の生活にも自然に馴染む」となると自然に「スラックス」「化繊」「ストレッチ」などのキーワードが頭をよぎる。このキーワード、ただの今のトレンドじゃん。

やはりウオモに思考をアンダーコントロールされているな、、、