get ready

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

Graphpaper Suvin Cardigan

f:id:remontea0710:20190609221413j:image

GraphpaperのSuvin Cardiganを買いました。

最近スーピマコットンのみならずオーラリーのフィンクスコットンとか色々コットンも種類が出てますね。スビンコットンとはなんぞや、と。

ネットによれば、

スビンとはVINCENT種(シーアイランドコットン)とインドに古くからあるSUJATA種を交配させた世界でもトップクラスの綿花。

それぞれのアルファベットを取ってSUVINと銘々された。

そのスビンの中でも1番摘み、2番摘みの品質の良いものをスビンゴールドとして区別している。スビンゴールドの特徴は極めて細く、風合いはしなやかで、繊維長も長いため細く強い糸を作ることができる。手摘みによって収穫しているので、繊維が傷むことなく、高品質な糸が生まれる。ここまで貴重な海島綿に勝るコットンを交配するべく作られたのがスビン綿です。
綿の繊維はマカロニの様に繊維の中が中空になってるのですが、その中空部分が極太で吸水性に優れており、油分も通常の綿の二倍以上あり独特の滑りがあります。
光沢も繊維の反射率は低いのですが繊維自体が光沢を持ってます。

f:id:remontea0710:20190609221427j:image

と。で、実際に手に取ってみる。油分があるためしっとりしていながら、シャリっとしている。たっぷりとしているグラフペーパーならではのパターンで、羽織心地がいい。

 

グラフペーパーではなく、ジョンスメドレーのメリノウールのカーディガンも持っていて、4年前くらいから着ているのですが、そのタイトなサイジングが今っぽくなくて、新しいのを探していたんです。グラフペーパー特有のゆったりしたシルエットがインナーを選ばない。

 

スビンコットンとはいえコットンなので、この梅雨の時期やちょっと寒い時に持っておけば軽く羽織れて便利。バンドTにも合わせられる。

 

本当に、何でもない、何の変哲もない普通のカーディガン。でも、ありそうでどこにもない。南貴之氏のプロダクトは普通なのに普通じゃないところが共感を持てるし、そのリブの太さやボタンの質感など細かいところまで気配りがきちんとなされているところが大好きな理由です。

グラフペーパーの商品は、コモリと一緒で全部そういう商品なんですよね。ありそうで、ない。普通なんだけど、普通じゃない。

これから年を重ねていってもずっと着ていきたいと思います。

 

今年買ったもの

2019年1月…パラブーツ

2月…コモリバルカラーコート、ユニクロuロンT、Tシャツ

3月…グラフペーパーTシャツ

4月…グラフペーパー薄手スウェット、ムジラボポロシャツ、パンツ

5月…ヘインズビーフィーロング

6月…スタンスミス、グラフペーパーカーディガン

 

Stan smith recon 2019を購入

f:id:remontea0710:20190604001221j:image

スニーカーはここ5年ほどスタンスミスを愛用している。正確に言うと、HYKEとアディダスがコラボしたhailletというスタンスミスの前身モデルを愛用している。あまりにもそのシルエットや質感が好きすぎて、二足買いしてしまったのだが、もう手に入らないということもあり、もったいなくて箱から出せていない…

というわけでハイレットに代わるスタンスミスを私は探してきた。タンにおじさんの顔が書いてなく、色も少なく、そして何と言っても革の質感がHYKEハイレットの質感に近似しているものがいい。

去年、スタンスミスの高級版のリーコンというモデルが出ていた。

f:id:remontea0710:20190604001720j:image

これは悪くないと思った。革の質感もしっとりしていて、シボ感があったり妙にツルツルしてもいない。が、実物を見るとその妙なクリーム色とグレーの間のような色に違和感を感じて、買うのを諦めた。

そしてついに、私の理想的なスタンスミスが現れた。スタンスミスリーコンの最新版だ。「Home Of Classics ホームオブクラシックス」という新ラインらしい。すべての文字は白で統一され、無駄がなくて好ましい。

f:id:remontea0710:20190604001221j:image

このタンの部分にはサイズが刻印してあって、紐の結び方も相まってコモンプロジェクト感がある。

f:id:remontea0710:20190604002029j:image

横もいたってシンプル。何の変哲もない。stansmithという金の刻印も見当たらない。

そしてこの生地。この生地はまさに、HYKEハイレットの時に使われていた生地ではないか!いや、定かではないが、adidas関係者の方がいたら教えていただきたい…

f:id:remontea0710:20190604002053j:image

ヒールのロゴも型押し。アディダスであるという主張が一切ない。

f:id:remontea0710:20190604002157j:image

インソールもスタンスミスはフェルトっぽい生地でプリントが消えたりして嫌だったし、HYKEハイレットはスウェードでこれはこれで好きだったのだが、このリーコンはすべて白で統一され、レザーっぽいソールを採用している。

とりあえず何もない普通のスニーカーであることは変わりないし、ただのスタンスミスだ。

しかしCT70とオールスターの違いに固執するように、私はスタンスミスの微妙な差異に固執してしまう。

大学1年の時に初めて履いて以来、これで5足か6足は買ったことになるだろうか。

現行のオリジナルスも持ってるし大好きです。

これからもずっと履いていくことになるだろう、私の普通であり無くてはならない一足。

 

今年買ったもの

2019年1月…パラブーツ

2月…コモリバルカラーコート、ユニクロuロンT、Tシャツ

3月…グラフペーパーTシャツ

4月…グラフペーパー薄手スウェット、ムジラボポロシャツ、パンツ

5月…ヘインズビーフィーロング

6月…スタンスミス