get ready

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

2019年7〜8月の買い物

真夏になって暑過ぎますね。

7月はまずAURALEEのウォッシュドフィンクスコットンのチノパンを購入しました。前に掲載したウォッシュドフィンクスシャツの生地が相当良く、それでハマってしまいました。

f:id:remontea0710:20190819130107j:image
f:id:remontea0710:20190819130112j:image

グレーベージュの雰囲気、そしてなんと言っても普通のチノとは一線を画すフィンクスコットンの艶やかさがいい感じです。

 

8月はお店で予約していたGraphpaperのセットアップが入荷されたので、購入しました。

f:id:remontea0710:20190819130356j:image

f:id:remontea0710:20190819131236j:image

オフスケール加工という、ウールの毛羽立ちを無くす加工をしているため、ハリツヤがあって独特の雰囲気です。落ち感があって、肩肘張らないリラックスしたセットアップです。

テーパードスラックスもこれまた綺麗なシルエットで、今自分が一番好きな形だったので良かったです。秋口になったら写真のようにクルーネックで着たいです。

 

夏はいつも錯綜してしまって、無駄な買い物をしてしまいます。今年確信に変わったのですが、オープンカラーシャツはやはり私には似合わないことが判明。そしてピケ素材のポロシャツもNG。似合うのはレギュラーカラーのシャツ。なのでこれからはレギュラーカラーシャツにフォーカスしていきたいです。ポロシャツはジョンスメ的なニットも苦手だし、ちょっと距離を置こうかと思います。

 

 

 

Fredperry oversized polo

f:id:remontea0710:20190716011646j:image

7月は攻めています。夏用に買いました。昨年買ったAURALEEのポロはお気に入りだったのですが、色がどうも着ていくうちに自分に似合わなく感じてしまい、泣く泣くメルカリに出しました。その代わりといっては言い訳ですが、フレッドペリーのオーバーサイズポロを購入。

 

フレッドペリーらしからぬ肩の落ち感と身幅の広さは今っぽさ満点。このシリーズしかフレッドペリーではオーバーサイズは作ってないらしく、ほかの型番はいつものジャストサイズータイトなフレッドペリーなサイジングでした。

ネイビーは写真まで濃くなく、少し薄く、いわゆる明るめのネイビーといった感じ。ピケなので凹凸もあり、カジュアル感があります。オレンジとグリーンのラインも気に入りました。

f:id:remontea0710:20190716223932j:image

ZOZOTOWN より借用

 

ラコステのL1212は2枚ほど着ていたし、AURALEEのビッグポロも着ていたけどあまりしっかり来ず、今年の夏はムジラボのポロと、このフレッドペリーにトライしてみようと思います。実はこれが初フレッドペリーです。

 

それに伴い、タンスも整理。

+Jのブロードシャツ(シューズクロスとして再利用)

ユナイテッドアローズのバンドカラーシャツ、

アンルートのランニングTシャツ

mont-bellのウールロンT

ヘインズの白T

などを経年劣化のため処分しました。今までどうもありがとう。

全体的の服の数は、増えてるようで増えていない算段です。これからも断捨離とはいわないまでも数は増えぬよう心掛けたいです。