get ready -MINIMAL,ART,RUN-

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

ランニング日記22:ハーフマラソン

f:id:remontea0710:20180520231745j:image

f:id:remontea0710:20180520231744p:image

皇居にてハーフマラソントライアル。結果的には100分切りました。ちょっと渋滞があったりして立ち往生してしまいましたが去年よりは調子よくなってるかなと思います。

ズームフライに変えて一ヶ月ちょっと。確実に自分にはon cloudよりズームフライが合っていると思います。個人的にまだ膝に不安があるのでクッショニングはとても大事。onで走るとより振動が伝わってマインド的に不安になることも。

そしてタイムも伸びてきています。先月の30km走は5:18/kmでしたが今日のハーフは4:40/km、まだ余力があったのも良かった。今度は4:50/kmで30キロ目指したいです。ゴールまでついたらそこがまたスタート。ランニングは奥深いし、楽しい。

オーラリーのポロシャツ

f:id:remontea0710:20180518172625j:image

 

先月くらいに買いました。もう暑いので卸してますが、結構好きです。

まずはブルーグレーみたいな絶妙なスモーキーカラーがありそうでない。肌馴染みが良くて、これだけでも着ていて気分が落ち着きます。

次に生地。これは無双というらしく、表と裏が二枚仕立てになっていて、端に縫い目がありません。ポロシャツなのでピケなのですが、非常にキメが細かく柔らかな表情なので、ラコステやフレッドペリーのような凹凸が目立つピケというより、ジョンスメドレーのニットポロに近いような風合いです。

加えて二枚仕立てであることによって、ビーチクが浮き出ることもありませんし、脇汗が表に出ることもおそらくありません。これってすごくないですかね。今までのポロシャツは一枚仕立てなのでペラペラで、ピッチピチの襟立てポロシャツ着てる人ってムチムチしてたらビーチク否が応でも気になるんですけど、これはそうならない。

そして最後にシルエット。これぞオーラリーという絶妙な抜け感、下品にならないギリギリのオーバーサイズで肩が落ちて、タックインしても生地のなかに空気がふんわり入るニュアンスが良い感じ。

ポロシャツってあまり得意じゃなかったんです。いままでラコステのL1212も着てきたけど、なんだかしっくり来なかった。

その理由は、ジャストすぎるってとこにあったと思う。ピッチピチで袖も短い。これは身幅もたっぷりとしていて、袖もハーフスリーブ、今まさに着たい要素満載。

こういうニュアンスだったらまた欲しいし、着たいなって思います。