get ready -FASHION,ART,RUN-

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

ランニング日記42 古河はなももマラソンDNSを決断

皆さまのブログ拝見してます。日々の練習、大会おつかれさまです。

さてギックリ腰やって早2週間。カイロプラクティックにも先週2回行き、なんとか走れるまでには回復してきた。

が、走ってみると違和感が…

カイロプラクティックの先生も言っていたように、身体が腰を自然とかばって筋肉が硬直していたため、走りの姿勢と身体の運び自体がとてもぎこちない。

ちょっと早めの4:30/kmで走る。走って走っても前に進んでいかない感覚に襲われる。そして3キロ走った時点でハアハアと息が切れる…今までこんなことはなかった。15キロランまで余裕だったが…非常に不甲斐ない。

そして、違和感を持ちながら痛みに怯えながら走るのが辛い、と思い6キロの時点でやめる。

「これ以上走っても記録も望めないし、あと1週間で整えるのは厳しいな」

と思う。終わると6キロの軽いランとは思えない汗が。いつもなら「ハーフ過ぎてこれからが本番だ」って思えるのに、キロ5でこれじゃサブ3.5は望めない。どころか、これ以上腰が悪化して後戻り出来なくなる可能性だってある。ギックリ腰だって突発的なものではなく、いままで身体に負担を掛けてきた結果だと先生に言われた。

「無理はするな」という身体の声を聞く。今回はやめておこう。あまりにも時間が足りないのと、心配と不安が残る。これで何か失われたわけではない。

 

東京マラソンを見ていたら、あの大迫選手も低体温症のため29キロ地点でDNF。彼と比較するのはおこがましいけれど、あの大迫選手でもDNFをするのは身体の声を聞いて「無理はするな」と判断したんだろう。

 

腰は文字通り「身体の要」であるという。

DNSは初めてで辛いものがある。今シーズンは古河はなももで終わりだ。

が、痛みを引きずって走るわけにもいかない。ここはしっかり休養して、完璧な状態でランができるように、ランを楽しめるようにしていきたいと思う。

皆さまの残りの大会、ランの幸運を祈って…!

COMOLI 19ss バルカラーコート

f:id:remontea0710:20190222023715j:image

ギックリ腰は回復に向かいつつありますが、まだまだご用心。時間もあるので買った服の紹介。

今回はコモリの春夏コートの紹介。ただ何の変哲も無いバルカラー(ステンカラー)コート。春秋のコートは持ってなくて、今年は買おうと決めていて、これにしました。決め手は「普通だけど普通じゃないコート」ってこと。

はたから見ればなんでもない、どこにでもありそうなコート。しかしよく見ると、生地のピーチスキン素材のしっとりと滑らかな質感や、その独特なグレージュっぽい色味、肩がラグランになっているため、袖に向かって綺麗な落ち感がでたり、ボタンひとつひとつの色や素材が高級感があったり、と小森さんのこだわりが随所に感じられる。羽織った時のドレープ感と、上のルックのようなシルエットも素晴らしい。

f:id:remontea0710:20190222023727j:image

これは流行に左右されずに、どこの服かもわからずに長く着れそうだな、と。昔の昭和のおじさんやフランスのおじいちゃんが着ていてもおかしくないだろうと。

そういう、何でもない感じのローテンションな服が最近好みです。マインド的にゆるいんだけど、誠実な作りをしてるものが。

このコートもこれから着るのが楽しみです。