get ready(30代メンズファッション・UL登山ブログ)

都内/三十代男性/既婚/会社員/メンズファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

俺の登山行動食2021

登山の時に欠かせない行動食。いつ、何を、どのくらい食べれば良いのか。まだ答えはないのですが、普段私がチョイスしている行動食について紹介します。

 

  • 行動食とは

行動食は、文字通り「行動しながら食べるもの」のことです。細かい身体生理学のことはわかりませんが、マラソン経験者から言って、間違いなく糖をエネルギー源として消費しながら人間は行動しています。ではどのような糖を取れば良いでしょうか。

 

  • 炭水化物

炭水化物はまさに米やパンです。私は朝はコンビニのおにぎりを2個食べることが多いです。味は辛子明太子はマストアイテムで、あとは赤飯か梅あたりを食べます。いわゆる「シャリバテ」を防ぐもので、お腹に溜まりつつ消化していくので出だしには最適です。

あるいはパン、特にあんぱんやクリームパンが5個くらい入ってるやつは行動中、休憩中の糖質確保に良いでしょう。

    • カントリーマアム

 

私は高校の頃から定期的に登山をしていますが、その頃からカントリーマアムはスタメンに入っています。登山はスポーツでもあり、特にファストパッキングなど素早い行動の際はあまり食欲がなくなったり、硬いものを咀嚼することができなくなります。そんなときにはソフトクッキーがおすすめです。カントリーマアムはサイズ的にも問題なく、しっとりしてるので食べやすいです。登山でおなじみスニッカーズもカロリー確保では鉄板ですが、ちょっとベタついているのでカントリーマアムの方が好きです。ただし欠点は個包装のため、ゴミが増えます。一度個包装を破って一度にジップロックに入れたのですが、登山中にボロボロになってしまいました、、、泣

 

    • スポーツようかん

現時点での私の最高の行動食。カントリーマアムは行動食、歩きながら食べるのは困難です。ですが、このスポーツようかん、片手でスティックを押すと、上からニューっと出てくるので、素早く食べれます。

普通の羊羹も巻いてあるビニールを外せば食べれるのですが、歩きながらは難しい。やはりこのスポーツようかんはその食べ易さが群を抜いています。ようかんという、固形のなかでも比較的柔らかいものなので、疲れている時も食べ易い。アルピニストの野口健さんは、とらやの羊羹を持っていくそうですが、その気持ちもわかります。

実際フルマラソンの時もこのスポーツ羊羹とmedalistを愛用していました。走りながらでも容易に摂取できます。味も普通の羊羹。これをファニーパックのなかに入れておきます。

おにぎりを食べて1時間くらい経てば、この羊羹を取り出して摂取。良い感じに甘さが体に染み渡ります。おすすめですよ。

 

  • 一本満足バー

 

甘いものばっかですみません。。でもこれ、チョコ系の中だと一番好きです。フルーツも中にたくさん入ってるし、名前の如く一本でそれなりに腹が満たされる感覚があります。最近のチョコはこれがメインです。コンビニでも買えるのも高ポイント。

 

    • メダリスト

 

 

「岩本式フルマラソン」トレーニングをしていた時から愛飲してるメダリスト。顆粒式も良いんですが、ここではドリンクに溶け込ませるものとジェルを。

アミノバイタルも使いますが、特にメダリスト9000はBCAAとクエン酸も確保でき、水に溶け込ませて行動中飲んでいます。飲めば気持ち的にも楽になるし、パフォーマンスの質が落ちない気がしてます。

スポーツようかん同様、メダリストのジェルも疲れていても口に入れやすい。りんごとハチミツ味が特に好きです。かなり濃厚な甘さで、お腹にも溜まりやすいと感じています。

 

  • 柿ピー

 

 

田中陽希さんもペットボトルの中に入れて百名山、二百名山を制覇。糖分ばかり取っていると、汗で失われた塩分摂取を忘れがちで脱水症状になる可能性があります。柿ピーは塩分とピーナッツによる脂質も取れるので、登山にはうってつけのお菓子なのです。私はつねにこの柿ピーを一袋、ファニーパックに入れては休憩中、行動中に食べています。

田中陽希さんを真似てペットボトルに入れてみたのですが、ピーナツの密度と重量が「おかき」よりも重いため、飲もうとすると「おかき」ばかりが流れててきてピーナッツが底に溜まってしまうトラブルがありました、、

それからというもの柿ピーは個包装で持って行ってます。ペットボトルにいれると湿気りし、新鮮な柿ピーのほうがやっぱりうまいです。

そして柿ピーは私は「亀田の柿の種」一択です。他の柿ピーも試しましたが、やはり柿の種が最高にうまいです。ノーマルは飽きてきたなという時には「梅しそ」がマジでうまい。一瞬で無くなっちゃうので注意です。

 

 

以上が、私の行動食の基本的なものです。そこに加えて夏は塩レモンタブレット、干し梅などを追加します。

あまり多く持っていきすぎても食べないこともあるので、一泊二日程度ならミニマルに収めることが多いです。まだまだ未完ですが、とくに登山される方へはBCAAとスポーツようかんは強くおすすめしたいと思います。

 

食事についても少しでも軽いほうが良いという考えはあって、停滞時の食事はお湯で温めて食べるアルファ米、フリーズドライ中心にしています。

登山の行動食は登山の中でも楽しみのひとつであり、美味しいもの、食べ易いもの、身体に良いものをチョイスしたいですね。

 

 

 

 

 

 

UL登山実践編:八ヶ岳1泊2日 赤岳ー横岳ー硫黄岳縦走

f:id:remontea0710:20210919010858j:image

f:id:remontea0710:20210918202257j:image

実は初の八ヶ岳。ソロテントで行ってきました。美濃戸口までは新宿からあずさで茅野まで。そこからバスで40分。

バス停から登山口はさらに平坦な勾配を歩くこと1時間。ようやく美濃戸口の登山口にたどり着きます。
f:id:remontea0710:20210918202200j:image

八ヶ岳の地図。まずはここで北沢ー赤岳鉱泉へ行くのか、南沢ー行者小屋へ行くのか2択となります。私は行者小屋へ泊まるため南沢を選択。


f:id:remontea0710:20210918202130j:image

苔の降る、勾配の少ない樹林帯をとぼとぼと歩きます。登山のスタートにこの上なく望ましいコース。
f:id:remontea0710:20210918202111j:image
f:id:remontea0710:20210918202407j:image

川の側面を進んでいきます。

途中から開けた涸れた沢に着き、そこからトボトボまた平坦な道。ここで余裕だなぁと思っていたけど、八ヶ岳の本気はこの後思い知ります。
f:id:remontea0710:20210918202153j:image
f:id:remontea0710:20210918202301j:image

もののけ姫に出てきそうな苔の樹林帯。
f:id:remontea0710:20210918202220j:image

そうこう言っているうちに行者小屋に到着。正午前に着いたのですが、当然ながら夜明け前から登ってる方が多く、結構なテントがもう張ってありました。

テントを張り、休憩してから赤岳へアタック。

本番はここからでした。

傾斜のある梯子、ザレている登山道。途中、結構大きい落石もあり、生まれて初めて「ラーク、ラーク!!」と叫び、下の登山者に落石の合図をしました。ヘルメット必須です、、、

慎重に登り、地蔵尾根も終わりついに八ヶ岳の稜線に出ます。当然ながら風が吹いているので、ここでEnlightened Equipement のレインジャケットを初投入。

f:id:remontea0710:20210918202610j:image
f:id:remontea0710:20210918202119j:image

ホワイトアウトしながら赤岳を目指します。登ってる人はほぼいません。
f:id:remontea0710:20210918202155j:image
f:id:remontea0710:20210918202132j:image

無事赤岳に着きましたが、見事なホワイトアウト。適当な記念写真を撮って、さっさと行者小屋へ下山します。

EEのレインウェアは透湿性75000mmという高水準のためか、全くと言っていいほど登っていても蒸れを感じることがなく、ヒートアップしませんでした。脇下のピットジップもオープンできるのが気に入ってます。また紹介します。
f:id:remontea0710:20210918202140j:image

無事テントサイトで晩飯。バッチストーブスのアルストも調子良かったです。
f:id:remontea0710:20210918202210j:image

先日ご紹介した、マジックライスカレー味のULtips、リッジマウンテンのポーチのフードコジー的使い方。
f:id:remontea0710:20210918202409j:image

日も暮れて、一眠り。テントサイトが斜めだったため、寝づらくてやはりフラットなところに張り直せば良かった後悔。。

 

翌日も5時から地蔵尾根を登ります。今度は一度登っているからか、余裕がありました。
f:id:remontea0710:20210918202223j:image
f:id:remontea0710:20210918202414j:image

ふと浮かび上がる巌窟のような岩稜帯が怖かったです。
f:id:remontea0710:20210918202113j:image
f:id:remontea0710:20210918202122j:image
f:id:remontea0710:20210918202150j:image
f:id:remontea0710:20210918202253j:image

意外に横岳方面はアクロバティック。ここなんて左半分が白くて、落ちたらどうなるんや的な通路でした。
f:id:remontea0710:20210918202228j:image
f:id:remontea0710:20210918202249j:image

無事横岳到着。この前後が結構疲れました。
f:id:remontea0710:20210918202135j:image
f:id:remontea0710:20210918202203j:image

medalistの粉末を溶け込ませたドーピングいろはす。BCAAとクエン酸は山行のマストアイテム。
f:id:remontea0710:20210918202127j:image

硫黄岳、爆裂火口付近が迫力ありました。

この辺りで少し雲間から槍ヶ岳が姿を覗かせました。馴染みあるので嬉しかったなあ。
f:id:remontea0710:20210918202225j:image
f:id:remontea0710:20210918202157j:image
f:id:remontea0710:20210918202206j:image

赤岳鉱泉を経て
f:id:remontea0710:20210918202124j:image
f:id:remontea0710:20210918202208j:image
f:id:remontea0710:20210918202116j:image

マムート社の階段を歩き、
f:id:remontea0710:20210918202147j:image

再びテントのある行者小屋へ。
f:id:remontea0710:20210918202218j:image
愛用バックパック、ZpacksのNero。ウエストベルトを外して38ℓで298g。

今回の参考でも安定感抜群。文句ありません。
f:id:remontea0710:20210918202137j:image
f:id:remontea0710:20210918202213j:image
f:id:remontea0710:20210918202412j:image
f:id:remontea0710:20210918202404j:image

ミニマルを心掛けたエバニュー400FDでのクッキングも良い感じです。これでミニヌードルを食べて下山。
f:id:remontea0710:20210918202142j:image

バス停前の八ヶ岳山荘でカツカレーをいただく。五臓六腑に染み渡る旨さでした。今度はバターチキンカレーも食べてみたい。
f:id:remontea0710:20210918202145j:image

 

そんなこんなな山行でした。

晴れ間はなし、雨もないがガスったままでしたが、ギアも試せたし良い山行だったのではないでしょうか。最後に今回の山行の良い点、悪い点を挙げて終わりにします。


良かった点

・ハイテイルデザインのファニーパック(ウエストバック)、リュックを背負ったり下ろしたりしても干渉せず便利だった

・Cieleの帽子はソフトな被り心地

・早くも遅くもないペース配分

・EEのレインは151gで透湿性の高さに驚いた。

・バッチストーブ(アルスト)も快適だった。まだこれからもアルストで軽量化を図りたい。

・坐骨神経痛になりかけたが、湿布があったので助かった

・リッジのポーチ、フードコジーとしても使えそう

 

 

悪かった点

・テントが前回の山行のままだったので雨の水を含んでた。乾燥させること。

・頭痛薬を多めに持ってくるのを忘れた。やはりテント幕営後に頭痛があった。2錠しか頭痛薬無かった。

・落石がある箇所が多く、ヘルメット必須

・甘いものが少ない。羊羹二本だったが、4本でも良い。

・粉末の緑茶とコーヒー忘れた。

・行動食少なめ。もう少し欲しかった。

 

私が持っていく行動食【おすすめ】

尾西食品アルファ米人気商品5種×2袋 合計10袋セット

尾西食品アルファ米人気商品5種×2袋 合計10袋セット

  • 尾西食品アルファ米人気商品5種×2袋 合計10袋セット
Amazon