読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

get ready

ファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

俺の登山道具⑤ mont-bell スーパーメリノウール・ミッドウェイトクルー

f:id:remontea0710:20070227095712j:plain

 

実質寒い。寒暖差異常。

もうこのブログでも再三言っているが、登山と日常を越境した服装を心掛けたい。ibexのメリノウールの薄手インナーを一昨年から導入しているが、メリノウールという天然繊維は圧倒的にヒートテックに代表される化学繊維よりも優れている。これは肌に直接触れるからこそ一番実感出来ることだ。

ibexをまた買おうと思ったのだが1枚1万円もするし、毎回同じじゃ面白くないので、モンベルでこれを買いました。

 

製品説明

ウールの優れた保温性と伸縮性を兼ね備えた中厚手のアンダーウェアです。しなやかでチクチク感のない肌ざわり。汗の吸湿性に優れ、吸い取った汗を緩やかに放出するため汗冷えしません。冬期のあらゆるアクティビティや、日常の下着としても着られます。

 

 

 

メリノウールのインナーは登山者のアイテムではある程度認知されているけれど、一般的にはヒートテック系の化学繊維の安価なインナーが根強い。でも登山ではヒートテックは着れないのだ。汗冷えがものすごい。その点ウールは汗をかいても冷えない。モンベルの調査によれば、ウールの効用は以下の通り。

 

f:id:remontea0710:20161106194703j:plain

 

うん、いいことずくめ。試着して着てみたけど、黒がちょっと濃いチャコール系だったのと、モンベルの宿命であるロゴが刺繍ってところは微妙だったけど、それ以外はちょうど良い。モンベルの欠点はオッサン体型に合わせたそのシルエットの野暮ったさだけど、ベースレイヤー=インナーということもあり、Sサイズで体をぴったり覆う感じでベスト。実際これでブカブカだと肌に密着せず、上記の発熱メカニズムも生成されにくいと思う。そしてチクチクしない。全くチクチクしない。袖丈もシャツからはみ出さない絶妙なサイジング。これで5000円は安い。ibexとほぼ効用が変わらないのに半額。さすがモンベル、アウトドア界のコストパフォーマンスの王様。

薄手、中厚手、厚手という3種類があって今回は中厚手を選択。(ibexは薄手だったので)

これでよければまたワードローブに加えても良いと思う。登山にもキャンプにも旅行にも。体の一番近い部分であっためてくれる、セカンドスキン。これをベースに冬のファッションは始まる。