get ready(30代男の服と山道具とQOL)

都内/三十代男性/既婚/会社員/メンズファッション/アウトドア/音楽/ミニマリズムなど

クラークス|ワラビーGore-Tex購入レビュー

f:id:remontea0710:20220421005445j:image

クラークスのワラビー、Gore-TexかつVibramソールバージョンを購入しました。

靴も整理したので、結構久々の購入です。

決めてはやはりクラークスワラビーの弱点である「水に弱い」、「クレープソールで夏とか暑い日は歩くとペタペタする」という部分を

堅牢な生地とソールでアップデートしたところ。

 

f:id:remontea0710:20220421005432j:image

言わずもがなのど定番ですが、スエードの起毛がほぼなくて、毛羽立ちが少なくブラッシングしやすそうな印象。

f:id:remontea0710:20220421005418j:image

私は太めのパンツが今は多くなったのですが、ワイドデニムやベイカーパンツにもドンピシャでハマってくれます。

f:id:remontea0710:20220421005813j:image

ビブラムソールなので、安定感があって歩きやすい。パラブーツのシャンボードよりも軽い履き心地です。

ブーツ(革靴)以下、スニーカー以上といった絶妙な立ち位置。

いなたい感じですが、意外に幅が細くて、上品な仕上がりになるのも良いです。

f:id:remontea0710:20220421010000j:image

カジュアルすぎず、綺麗めすぎず、好きな立ち位置の靴です。

どうしても靴は白か黒になってしまう、、

f:id:remontea0710:20220421010045j:image

革靴と違ってソールが外れるのも良いですね。掃除しやすい。

f:id:remontea0710:20220421010118j:image

↑パラブーツのシャンボード。ワラビーよりもやや重厚な雰囲気になるかもしれません。

f:id:remontea0710:20220421005418j:image

ワラビー。

去年から服装については明らかにブレイキングバッド(ベターコールソウル)の主人公・ウォルター・ホワイトやその他の登場人物の影響を受けています。

f:id:remontea0710:20220421085551j:image

あまり過度に飾らないさりげなさ、50-60代のアメリカのニューメキシコ州アルバカーキに居そうな、普通のおじさんの服装が好きです。

またいつかブレイキングバッドについても記事にしたいです。

 

スエードワラビー、雨の日も晴れの日も使いやすいので、ロスアパのスウェットや、ユナイテッドアスレのTシャツみたいにガシガシ履いていきたいです。ヘビーデューティ最高。

 

 

 

 

私の定番Tシャツ